脱毛器

脱毛器 > 脱毛器を使わない自己処理のメリット・デメリット

脱毛器を使わない自己処理のメリット・デメリット

人生で最初の脱毛は、自己処理という人がほとんどではないでしょうか。 家でできる自己処理は、いつでも思い立った時に、好きな時にできますし、比較的コストもかかりません。

自己処理の方法はいくつかありますが、一番ポピュラーな方法がカミソリで剃る方法です。 カミソリのメリットは、道具さえあれば、いつでも素早く処理できるということと、一番安上がりという点です。お風呂場で毎日処理すればいいので、本当に楽です。

デメリットとしては、処理する時にいくら泡やジェルを使って肌を保護しながら沿っても、肌荒れや乾燥、またカミソリ負けによる炎症、色素沈着などのリスクがあることです。 また、カミソリで処理した場合、断面が太くなっているのでチクチクしたり、すぐに生えてくるためマメに処理しなければなりません。

次によく行われているのが毛抜き処理です。 こちらのも時間の制約もなく道具も簡単です。 広い意味での脱毛処理としては、ワックスや毛を抜くタイプの脱毛器も毛抜き処理と言っていいでしょう。 毛抜きは毛根から毛を抜く処理ですから、次の毛が生えてくるまでの時間が長くて、カミソリのようにしょっちゅう処理する人ようはありません。

デメリットとしては、肌と毛根へのダメージが大きいということです。 毛穴から強制的に毛をひきはがす行為ですから、当然ですが、アフターケアをしっかりしないと毛穴の中で内出血を起こしたり、埋没毛、毛嚢炎などになってしまいます。 毛抜きで1本1本処理する場合は時間がかかりますし、ワックスで一気にはがした場合、炎症を起こすと範囲が広がってしまいます。

除毛剤、脱色剤、抑毛剤などの化学薬品を使用した脱毛処理もあります。 クリームをつけた部分の毛が一気に抜けるので、広範囲の部位に向いた脱毛方法で、とても便利なものです。 しかし化学薬品を使用しているため敏感肌の人や、その時の肌の調子によってはかぶれたり炎症を起こす危険性もありますから、使用前には必ずパッチテストを行うようにします。


最近の全身脱毛の傾向について

全身脱毛というと、言葉のイメージからは体のムダ毛をすべて脱毛するようにとらえる人が多いかもしれません。 でも人間の体にはいろいろな部分にムダ毛が生えていますし、それらを全部処理し切るというのは非現実的でもあります。 料金も時間もかなりかかってしまうでしょう。

多くのエステサロンが全身脱毛というメニューを取り扱っていますが、実際には全身の毛をすべて脱毛するわけではなく、全身の中からいくつかの部位を選択して脱毛を行うものになっています。 各エステサロンでは脱毛部位が細かく設定されているので、そこから自分が必要な部位を選んで脱毛してもらうわけです。

ワキとかひざ下などそれぞれの部位を1つずつ選んで脱毛するよりも、全身脱毛という形で組み合わせた方が、お得に脱毛ができるのです。 全身脱毛で脱毛できる部位はエステサロンによって異なりますが、たとえば全身20箇所など、かなりの部分を脱毛することができます。 これだけ脱毛すれば、気になる部分はほぼカバーできるのではないでしょうか。

最初にワキだけを脱毛するつもりでサロンに通い始めても、キレイになる部位を見て、他の部分もぜひ脱毛したいと、脱毛箇所を増やしていく人も多いようです。 それでしたら最初から全身脱毛というメニューで契約した方が、料金的にもお得になると思います。

最近では全身脱毛を希望する人も増えてきましたので、各サロンでは競い合うかのようにお得なプランを打ち出しています。 キャンペーンを利用すればかなり安い料金で脱毛ができますので、利用してみると良いでしょう。 全身脱毛を取り扱っているサロンは数多くありますので、その中からどこを選んだら良いか迷うこともあるでしょう。

友人から評判を聞くのも良いですし、ネット上の口コミをいろいろとチェックしてみるのも良いでしょう。 また、各サロンではお店のスタッフがブログやツイッターを運営していることがあるので、それらを見てみると様子を伺い知ることができます。